月9ドラマいつ恋第二章☆6話のネタバレやあらすじは?有村架純出演

Sponsored Link

今夜放送の月9ドラマ、いつかこの恋を思い出して泣いてしまうこと「いつ恋」がなんと第二章スタートとなります!!

回数的にいいますと第6話となりますが有村架純さん&高良健吾さんの恋の行方・・一体どうなってしまうのでしょうか?

そこで今回こちらではいつ恋の気になる第6話のネタバレ・あらすじについてとことんまとめてみました!

いつ恋ファンの方は是非最後までお付き合いください。

いつ恋第5話あらすじ・ネタバレ

いつ恋 月9 第2章 6話 ネタバレ あらすじ

第二章&第6話のあらすじ・ネタバレに入る前に第5話から振り返っておきましょう。

音は朝陽に誘われて屋上に行きます。

朝陽が用意していた望遠鏡を使って星空をみるふたり、、

そこで朝陽は音への想いを告白するのです。

小夏が錬のことを好きということを知っている晴太はその恋を叶えてあげると言い出す。。

音は、仕事帰りにたまたま錬と遭遇します。

錬は木穂子と一緒でした。

音はバスを降りた二人の姿を切なそうに眺めます・・

錬たちはアパートにつくと部屋には小夏と晴太がいました。

そこで小夏は錬の祖父が倒れたことをつたえ、商店街がなくなってしまったことから買い物にも苦労していた祖父の状況を知った錬は相当なショックを受け、、、

 

いつ恋第6話のあらすじ・ネタバレ

いつ恋 月9 第2章 6話 ネタバレ あらすじ

音は27歳となり、「春寿の杜」にて懸命に仕事を続け介護福祉士の資格も取得していました。

前の職場の同僚である朋子と食事をした帰り道のこと、、、

静恵の家に立ち寄ってみるとたまたま木穂子と再会するのです。

木穂子は現在デザイン系の職場で働いておき前の職場である広告関係の職場を辞めていたほか、雰囲気もぐっと大人っぽくなっているなどまるで別人のようになっていました。

そして音は「実は朝陽と付き合っている」ということを告白。

あの日以来・・音は錬にあっていないが実は木穂子も錬にはしばらく会っていないとのこと。

そこで木穂子は錬に連絡してみるが番号は別の方の番号に変わっていたのです。

音は錬が働いていた職場に尋ね、嘉美に尋ねてみるも5年前に錬は辞めていました。

嘉美は錬と親交があった佐引ならば知っているかもしれない!と紹介をします。

佐引は錬なら東京にいる、と名刺を渡します。

錬の現在はどうなっているのでしょうか・・!?

最後に

Sponsored Link
 

今回は話題の月9ドラマ、いつ恋の第2章が今夜からスタートということで6話のあらすじやネタバレについてまとめてみました。

胸キュンしたい女子はいつ恋の放送を是非チェックしてみてくださいね♪

最後まで読んでいただき有難うございました!

Sponsored Link
 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ